妊産婦の歯科健康診査

宇都宮市では、市内に住所のある妊産婦を対象に、妊娠中から出産月を入れて出産後6か月の間、指定医療機関で無料歯科健診が受けられます。

「あくつ歯科医院」ももちろんその医療機関の指定を受けております。

先日宇都宮市保健所でおこなわれています「フッ素塗布」の塗布会場で配られます歯科に関するリーフレットの作成を、私が所属しております宇都宮市歯科医師会の公衆衛生委員会で妊産婦むけに「マタニティーバイブル」と題して作成しましたのでご紹介いたします。

妊娠するとはがわるくなる?                                      「妊娠すると赤ちゃんに歯のカルシウムを取られて歯が悪くなる」とよく言われますが、赤ちゃんに歯のカルシウムを取られるということはありません。
妊娠中に歯や歯肉を悪くする人が多いのは、女性ホルモンの増加、新陳代謝の変化、消化液(唾液や胃液など)の変化など、母体に起こるさまざまな変化がお母さんのお口の健康に大きな影響を与えるためです。

妊娠すると歯肉が炎症しやすくなります。                              妊娠中はつわりのためにブラッシングが十分に行えないなどのほか、血液中に女性ホルモンの増加で歯周病菌が増殖して歯肉に炎症が強く現れるようになります。
そのため歯周病が重症化しやすく、以前に歯周病にかかったことのある人は再発する可能性も高くなります。
お口の中を清潔に保って歯肉の炎症を起こさないようにしていると、歯周病の重症化を予防できるので、日ごろからのケアはとても大切です。

むし歯は家族から移ります。お子さんをむし歯から守るための基礎知識             ●歯科医院での歯のクリーニングを定期的に受ける。
●お子さんと同じ箸やスプーンを共有しない、嚙み与えない。
●お砂糖を過剰に取り過ぎない。
●家族でキシリトール(100%)を使ってむし歯を予防する。 

Q:子供の歯がなかなか生えてこないので心配です。
A:歯はお母さんのお腹の中で、胎生6週間頃からでき始めます。生える時期や順序に個別差は大きいです。最初に生え始める時期も、生後4か月頃から1歳頃まで幅があります。

Q:妊娠中の服薬や歯科治療の注意点を教えてください。
A:歯科治療は、妊婦自身の体調と胎児への影響を考えて治療の時期を、選ぶ必要があります。 

  

                               


新生姜ミュージアム

こんにちは歯科衛生士の中山です。
寒さが本格的になってまいりましたが
いかがお過ごしでしょうか(^^)

さて私ごとですが先日友人と
岩下の新生姜ミュージアムへ
行ってまいりました!
ミュージアムは館内に入った瞬間から
新生姜の香りが漂っていて
ピンクだらけでした(´∀`)

新生姜の部屋や新生姜の神社が
シュールとしか言いようがなかったの
ですがとても楽しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))

宇都宮からも近くて入館料も
無料なので皆さんもぜひ行って見てください!
新生姜も美味しいですよ!

 


93歳伯母さんの元気の秘訣

こんにちは、歯科衛生士の山田です。

急に寒くなって参りました。風邪などひかれてはいらっしゃらないでしょうか?

今回は私の親戚の伯母の元気の秘訣をリサーチしてみましたので、少しお話してみます。^_^

伯母は現在93歳。
ご主人を7年介護し23年前に亡くした後、90歳まで自転車に乗りお使いに行ったり畑をやったり、たまにお友達と近いところにお出かけしたりを楽しみに過ごしていました。

現在は畑と自転車は引退したそうですが、近所のお友達のお家に歩いて遊びに行ったり、お家に招いてお茶をしたり、自分の着物を仕立て直してはお友達にあげたり。そんな日常を過ごしているとの事。

いつも元気に見えるので、何故なのだろうと生活の話を聞いてみたところ、3つの元気の要素を知ることが出来ました。

まず1つめは、良く食べ良く話をし、よく笑い、常に頭を使って自分の決めたスケジュールでメリハリのある生活をしていると言うこと。

2つめは、手先足先まで使って体操をしたり、縫い物をしたり、ポジティブな生活を楽しんでいると言うこと。

3つめは、たくさん話したり食べたりしたいからと、義歯の噛み合わせを歯科医院で定期チェックしてもらっていると言うこと。

伯母の話によると、義歯(入れ歯)でもきちんと歯を入れていないと体のバランスが崩れると言うのです。
伯母は義歯ですが、なんでも良く食べ、その食べっぷりは大したものです。更に本当に良く話しますし、笑います。

『話し相手がいなければ、テレビを見ては大げさに笑ってみたりするんだよ』などとお茶目な発言まで。

また、少しでも噛みにくいと感じたら、歯科医院に行って新しく作るか治してもらうか相談しながら過ごしてきたと言います。

性格は千差万別、皆同じようには出来ませんが、自分なりに明るく前向きに笑って食べて、杖でも押し車でも歩く。歯はキチンと入れて食事はしっかり摂る。一番は歯の管理…だそうです。

辛い事もたくさんあったはずですが、93歳の伯母から学ぶことがたくさんありました。元気の秘訣はしっかり噛める歯があってこそなんだと力説されました。

伯母のように、たくさんの方々に、たくさん笑って、食べて元気に過ごして頂ける様、医療人としてお手伝い出来れば幸いと思っております。

今年のお天気は予測しきれない変動が多いので体調を崩されませんようお過ごしください。


インプラント学会でのポスター発表

9月22日~9月24日に日本口腔インプラント学会が仙台で開催されて行ってまいりました。

今年の学会では24日に「経口Bisphosphonate系製剤投与患者にインプラント治療を行った1症例」と題してポスター発表してまいりました。

発表にあたって5月から発表の準備をして大変勉強になりました。

また1年に1回ぐらいは発表していきたいと思っております。


食育フェアin宇都宮

明日10月1日(日)は宇都宮城址公園で食育フェアが開催されます。

もちろん宇都宮市歯科医師会からも衛生士会と協力して「歯科保健からの食育推進」としてブースを設けます。

公衆衛生委員の私は午前中にお手伝いに行ってまいります。

歯科のブースはいつもお子さんに大好評になっています「My歯ブラシ作り」や、咀嚼能力をたしかめる「噛むかむチェックガム」、「無料相談コーナー」、それから歯周病になっているかの判定をする「ペリオスクリーン」などなど盛りだくさんとなっています。

明日は天気も良さそうです。みなさん家族連れで来てみてはいかがでしょうか。