歯周病|宇都宮市駒生町 あくつ歯科医院

宇都宮市 駒生町 あくつ歯科医院

あくつ歯科医院

歯周病

歯周病とは

歯周病歯周病はプラーク(歯垢)に棲みつく細菌が、歯を支える顎の骨を徐々に溶かしていき悪化すると歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。

成人の80%の人が歯周病にかかっています。

歯周病は、実に成人の約80%の人がかかっている、もしくは予備軍であるといわれている日本の国民病です。とくに45歳以上では抜歯の原因の第1位となっている怖い病気です。歯周病は症状があまりなく、気が付いたときにはかなり進行していることも少なくありません。大切なのは早期発見、早期治療なのです。

歯周病セルフチェック

歯周病思いあたる症状をチェックしましょう!

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

※上記の項目3つあてはまる ⇒ 油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。

※上記の項目6つあてはまる ⇒ 歯周病が進行している可能性があります。

※上記の項目全てあてはまる ⇒ 歯周病の症状がかなり進んでいます。

あくつ歯科医院ではプラークコントロールをはじめ、さまざまな予防処置や治療により、患者様の大切な歯をお守りします。

歯周病と全身のかかわり

「お口の病気はお口の中だけのもの」と考えていませんか?

たしかに歯周病はお口の中の病気なのですが、体の中の様々な状態とも関連しているため歯周病が全身に及ぼす影響がわかってきました。

心疾患

これは歯周病によって歯肉で産生された炎症性物質が血流を介して心臓の血管に影響を及ぼすためです。ですから歯周病のある人はそうでない人よりも心疾患を発症するリスクが高くなります。

糖尿病

血糖値が高いとさまざまな合併症が起きやすくなりますが、歯周病は糖尿病の合併症であるといわれています。歯周病治療をすることによってインスリンが働きやすくなり血糖値が改善する可能性があると考えられています。

誤嚥性肺炎

日本人の死因の3位は肺炎ですが、誤嚥性肺炎とは気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる高齢者に多くみられる病気です。高齢者は飲み込む力や咳反射が低下しているために、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こしやすいのです。そのように入り込んだ歯周病菌などのお口の中の細菌が肺炎を起こしやすくするのです。よって歯周病が改善されるとお口の中の細菌も減少し、肺炎の発症率も下がることが報告されています。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は骨量が減少してもろく折れやすくなった状態で、高齢の女性に多くみられます。全身的に骨が弱くなると、歯を支えている歯周組織にも影響があると考えられています。一方で、歯周病は、歯を支える歯茎を破壊する病気です。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗しょう症は歯周病を進行させると考えられています。

出産早産・低体重児

妊娠中はホルモンの変化などによって歯茎の炎症が起こりやすくなり、歯周病になってしまう人も少なくありません。歯周病による炎症性物質がへその緒を通して胎児に影響するために早産・低体重児出産のリスクを高めているのです。


歯周基本治療

歯周病の原因になっているものを取り除き、可能な限り清潔なお口の環境をつくる処置です。

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)、歯石などに含まれる細菌です。その原因の除去として、歯垢、歯石を取り除き、そして再びそれらが付着しないような環境にするために、歯科衛生士による適切な歯の磨き方をマスターすることが歯周基本治療の重要な役割です。


新しい歯周治療法(FMD)

あくつ歯科医院では薬で歯周病を治す新しい治療法を取り入れております。進行してしまった歯周病の患者様には、従来の歯磨きと歯石取りだけの治療で治るのを待つ治療ではなく、歯周病の原因から根本的に治す画期的な治療法(FMD)をおこなっております。

人の口の中には500種類以上の細菌がいるといわれています。その中にはむし歯を進めていく専門の細菌もいれば、歯周病を進めていく専門の細菌もいるのです。

ところが口の中にいるそのむし歯菌や歯周病菌の数には個人差があるのです。ですから、歯周病菌がたくさんいる人は歯周病が進みやすく、逆に少ない人は歯周病になりにくいのです。歯周病を感染症としてとらえているのです。ですから毎日一生懸命に歯磨きをしているのに歯周病になってしまう人がいるということが理解できると思います。

FMD(フルマウスディスインフェクション)

この治療法は、歯周病の原因となっている細菌を短期間(1週間以内)に除菌し感染物質を排除するのです。通常4分の1顎ずつのSRP(ハンドスケーラーや超音波の器具を用いて歯周ポケットの中の隠れている部分の歯垢や歯石を取り除くこと)では初期治療終了までに再感染することが予測されます。ですから、歯周病菌によく効く抗菌薬の投与を行ったうえで、再感染を起こす前の短期間のうちにSRPをおこなっていく除菌療法です。

この治療法により極めて高い治療効果が期待できるようになりました。

歯周病でお悩みの方は是非ともあくつ歯科医院に相談にお越しください。


Copyright © 2007-2017 Akutsu Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ