歯周病のリスクファクター

 

朝晩の冷えを感じる季節になりました。
こんにちは、歯科衛生士の山田です。

いちご一会栃木国体や全国障害者スポーツ大会が本県で開催され、更に今は紅葉狩りで、あちこち賑わっているようですね。

私は先日、今まで無かった秋花粉症と寒暖差過敏でお世話になっている病院の先生と、歯周病のリスクファクター、病気の発生や進行の原因となる要素の話しをする機会がありました。

お口の中の汚れ、プラークが良く清掃されなままでいると、歯周病を発生してしまいますが、歯周病原細菌は、血液の流れに入り込んで血液の凝固を起こし、血液の流れを害します。歯周病が重症なほど、歯周病原細菌は容易に血液の流れに入り込みやすくなります。

汚れや歯周病菌による炎症による血栓は、脳だけでなく、心臓や気管支、身体の至るところに害を及ぼします。

また、糖尿病や脳梗塞発生後の合併症に歯周病があります。
特に、糖尿病の方は歯周病にかかりやすくなるリスクが2倍とか。糖尿病は合併症が発生しやすい病気ですから、お口の健康管理は大切ですね。

健診で血糖値が高いと言われた、喫煙、ストレスや疲れで唾液が少ない、不規則な生活習慣で歯磨きがきちんと出来ているかわからない等、そのようなお悩みのある方は、お口のチェックとお掃除をしてみてはいかがでしょう。

医科の先生から色々お話をお聞きした事もあり、歯科の分野も、より皆様の健康維持に貢献出来るよう努めて参りたいと感じました。

自分で出来る1番身近で手軽な健康管理、歯磨きを、しっかりやってみましょう。

秋の訪れ

こんにちは!歯科衛生士の福田です。

最近は日が暮れるのも早くなり、秋の訪れを感じますね。

さて、秋と言えば食欲の秋と言うように、近頃はさつまいもや栗を使った食べ物が売られているのをよく見かけます。

ハーゲンダッツのアイスクリームには、期間限定でさつまいもの品種『紅はるか』のフレーバーが出ていたので思わず購入してしまいました!

ところで、歯は美味しい食事をするのに必要不可欠ですよね。
虫歯や歯周病の予防には毎日の歯磨きが重要ですが、唾液にも予防に効果があります。唾液には抗菌作用があるのでお口の中を清潔に保ち、歯や粘膜を守ってくれるんです。
その他にも味を感じやすくしたり、消化を助けたりする作用があります。

唾液は食事の時によく噛むことで分泌されやすくなるので、意識してみるといいかも知れません(^^)

もしお口の中や歯について気になることや違和感を感じたら、ぜひ当院にご連絡ください!

キジ鳩

今年診療室前にある山帽子の木にキジ鳩が巣を作りました。

調べましたら、キジ鳩はおもに木の上に小枝を組み合わせて巣を作ります。古巣を利用することもあり、気に入れば民家やビルなどでも巣作りします。繁殖期は年間通してあり、1度の産卵で2個の卵を産むことが多いようです。

抱卵する期間は15日ほど。きちんと夫婦での分担制になっており、夕方からの夜間はメスが抱卵し、朝からの昼間はオスが交代して行います。
キジバトの夫婦を見守っていると、抱卵担当中は卵から離れることなく飲まず食わずで温め続け、ときどき巣の手入れをしたり、卵の位置を変えたりする様子が見られます。

私は朝、お花に水やりをする時に、キジ鳩の巣を見るのが毎日の楽しみでした。
真夏の炎天下でもじっとして卵を温めている姿には感動しました。
無事卵から雛がかえり巣立っていった今、巣だけが残されて寂しくなってしまいました。

夫婦で仲睦まじく行動し、子育て熱心でもあるキジバトは、古くから幸運のシンボルとして愛されてきました。
今年?来年?またキジ鳩が巣に戻ってきてもらいたいものです。


         炎天下、卵を温めている親鳥

        卵からかえったひな鳥2匹

       卵からかえって10日後のひな鳥(羽に模様もでき成長が早いです)

歯ブラシとデンタルフロス

こんにちは、歯科衛生士の中山です。
だんだんと日が短くなってきて
夏の終わりを感じますね、
残りの夏も熱中症にならないように
楽しみましょうね♪
 
さて、私事なのですがお盆休み中は
実家に帰っていました(^^)
私が歯科衛生士ということもあって
妹には”歯はちゃんと磨いて〜”と
ずっと言ってきた甲斐あって
むし歯もなく歯も綺麗に保ってくれて
いるのですが
 
“歯磨きとフロスはどちらが先なの?”
 
と聞かれました。恥ずかしながら
深く考えず歯磨きからいつも先にして
いました。
調べてみると
米国歯周病学会(AAP)がこの件に関して
発表していました(^^)
簡単にまとめると
 
フロスを歯磨きの前に行うと
歯間の細菌と食べ残しを解きほぐしてくれて
次に歯磨きをする際に、
歯ブラシにつけた歯磨き粉の
有効成分(フッ素等)を歯間部にも
行き渡らせてくれるそうです。
 
フロスを使って毎回歯磨きすることが
一番いいとは思うのですが
なかなか忙しくて難しいと思うので
できる日からやって行きましょう( ´ ▽ ` )
 
わからない事や聞きたいことがあれば
いつでもお気軽にお問い合わせくださいね♪

顎関節症

 こんにちは、歯科衛生士の山田です。

早い梅雨明けかと思っていたら、猛暑日と言われる暑さやゲリラ豪雨があちこちで発生したりと、皆様不安定な夏をお過ごしかと思います。

このような季節が不安定な時期には、頭痛やめまい、気持ちが落ち込むなどの気象病と言われる体調不良が一般的に良く聞かれますが、もう一つ、顎関症と言う、顎の痛みや口が開きにくいと言った症状も出やすいと言われています。

一般的には季節の変わり目に発生し易いと言われていますが、雨降りや暑さ等、身体にダメージやストレスを受ける時は、無意識に歯を食いしばってしまい、炎症を引き起こすそうです。

寝ている時の歯ぎしりや食いしばりが無い方でも顎関節に違和感がある方は、マウスピースなど歯にはめてクッションになる物や噛み合わせの調整、顎関節マッサージなどで軽減する事が出来ます。

私も気圧変化で頭痛が生じたり、顎が痛くなったり、気象病からの顎の痛みを感じる1人です。
良い睡眠と気持ちのゆとりのあるストレスフリーな日々を過ごせたら良いですね(╹◡╹)

上手く季節変化に付き合っていけるよう、もし顎や口の開閉が気になる方は是非ご相談ください。